通いやすい診療科の実現|良い店舗の条件とは~店舗デザインに注目~

設計良ければ全て良し!~優良クリニックの条件~

通いやすい診療科の実現

院内

それぞれのクリニックに応じた設計を施す

どのようなクリニックを設計したら良いかは、クリニックの性質によって異なります。ターゲットとなる患者さんがどのような人かを考えて設計を行わなければならないからです。小児科であれば子供が過ごしやすいように考え、内科であれば待合室を広くして急に訪問する患者さんが待ちやすくするといった形で、待合室に対する要件だけでも診療科が異なれば方針も変えなければなりません。また、立地によってサラリーマンの患者さんが寄るか、主婦や子供が昼間に訪れることが多いかにも違いがあります。それによってゆったりとしたスペースがあるべきか、迅速に診療を行えることを優先した方が良いかも異なるので、ニーズを考えた設計をすることが欠かせないでしょう。

設計士選びは慎重に行なおう!

具体的な設計を行うときには設計士に相談することになりますが、その設計士によって完成度の高さが大きく左右されるので注意が必要です。クリニックの設計を行った経験が十分にあり、そのクリニックが実績を上げていることを条件にして設計士を選ぶと失敗がありません。患者さんのためのスペースと医療従事者のスペースをうまく区切り、それぞれの目的を考えたレイアウトを考案しなければならないのがクリニックの設計です。ノウハウや経験がない人には難しいものなので、他の店舗設計とは異なるという意識を持って設計士を厳選するのが大切になります。

キッズルームを充実させよう

特に街中でクリニックを開業しようというときにはキッズルームを用意するのが重要になってきました。主婦層をターゲットにするときには欠かせない視点であり、子供を安心して遊ばせている間に自分は診療を受けられるという形を作るだけで集客効果が高まります。子供のターゲットにしている小児科でも同様であり、子供を飽きさせないようにする工夫をするだけで、多くの母親から子供を連れて行きやすいクリニックとして目を向けてもらえるようになるのです。